医者に反対される通販でのピル購入

担当医師に通販でのピル購入を相談して苦い顔をされた、もしくは反対された経験がある女性は実は多くいるのです。

何故医者は通販でピルを購入することに反対なのか

ピルはまだ日本では当たり前のように服用されているものではなく、まだまだ浸透していくには時間がかかりそうです。
ピル自体は副作用を起こす可能性はあるものの、ほとんどの場合は継続して飲み続けるうちに体がそれに慣れて副作用が起こらなくなることが多いです。
ピルを服用するためにはまず婦人科などで受診し、医師にピルを飲んでも大丈夫な体かどうかということをみてもらう必要があります。
まれに体にあわないという場合もあるからです。
しかしピル通販で海外から個人輸入をすることも可能なため、インターネットを通じて購入する人もいます。
多くの医者はピル通販には反対をしています。
理由としては先ほどあげたように体にあわないという場合があるので危険だということと、海外の薬でリコールがあったとしても対処できないこと、偽物なども存在していることなどがあります。
基本的にピルは医師の処方せんが必要となっていますので、通販で購入するのは自己責任なのです。
またピルを使用することによってコンドームを使わないカップルが出てくることも心配の種になっています。
妊娠しないということに安心してコンドームを使わないほうが気持ちいいからという安直な理由で使用しないカップルも実際に存在しているからです。

ピル 通販といっても個人輸入であれば薬事法で決められた数量までであれば個人で使用するものに限っては違法ではありません。
ピルの場合は医師の処方せんが必要な薬ですので1か月分までが許された数量です。
しかし先に大量に輸入しておき、それを注文があった時に配送するというのは違法となります。
ピルは自分の体に入れるものですから安全面を考えても日本の医師の診察をきちんと受けて、処方をしてもらうのが一番良いです。